シャドバ

【シャドバ】新カードパック「十禍絶傑」リリース後の流行りは何だ!?【グランプリ「OOT ローテーション杯」開催】

新カードパック「十禍絶傑」がリリースされて約1週間といったところでしょうか。私は今回初日60パックでレジェンド0枚という洗礼を受けましたのといつも通り2pickにこもっているのもあって全然ランクマに潜っていませんできたが、本日よりローテーションのグランプリが開催されるということで流行のデッキの傾向や対策を考えていきたいと思います。

※あくまでも私個人の意見ですのでいわれた通りにすれば勝てるとか、勝率が上がるとか思わず、一意見としてとらえてもらえば幸いです。もし、こっちの方がいいんじゃない?って意見があればコメントに残してもらえると嬉しいです。

新環境(ランクマ)

・侮蔑ドラゴン
新カードの侮蔑シリーズを主に使い、フォロワーを自傷させて発動する効果が多い。特にレジェンドカードである侮蔑の絶傑・ガルミーユは強力で、自傷するごとに相手フォロワー1体+相手リーダーに3点ダメージと場と顔の両方に干渉することができ、エンハンスでプレイすることでPPを消費することなく進化することができ、自分自身で効果を発動することができる。このカードで直接リーサルになることはあまり考えられないが、鯵やゾーイ、今回のシンカードである侮蔑の使徒でも疾走で手札からリーサルを狙うことができる。ほかのクラスでは相手の除去に使うことが多い飢餓の輝きをスタッツの高いドラゴンなら打点として考えられることもできる。前環境から活躍しているポセイドンも健在。

対策としては、中途半端にダメージを与えて処理をしようとすると相手の効果が発動することがあるので、ダメージでの破壊より直接破壊できるカードを積むほうがよさそう。あとは相手のリーサル圏内に入らないようにしっかり計算してライフを管理することを考えないといけないです。逆に回復の手段が卵くらいしかないので、時には場よりも顔を優先することも念頭に入れておくとよいかもしれません。

・ミッドレンジネクロ
アーカスネクロがはびこると思っていましたがどうやら今回の新カードであるケロベロスで横に展開して飢餓の絶傑・ギルネリーゼやグレモリーでフォロワーを強化し殴り切るパターンのほうが多く確認できました。ケロベロスは冥河の渡し守・カローンから展開できれば一気に4面展開することができる。飢餓の絶傑・ギルネリーゼはフォロワー強化だけではなく潜伏とドレインを持っているため、万一押し切れなかった時の対処にとても向いている。

対策としては、相手がフォロワーを強化してくるであろう6コストになるターンにいかに場をきれいにできるかが勝敗に大きくかかわってくると思います。それまでのターンに無理に処理することをしないで処理カードを温存して一気に場を制圧することが大事だと思います。

・蝙蝠ヴァンプ
前環境最後のグランプリのアンリミ杯で活躍を見せていたデッキを今回の新カードを使いローテーションに型を合わせた感じですね。闇喰らいの蝙蝠が最速で出てくる7ターン目にはアンリミほどキチガイな打点にはならず(2桁出れば回っているほう)、むしろ今回の新カードの姦淫の絶傑・ヴァーナレクとフラウロスが活躍しています。ヴァーナレクは疾走を強化で打点を伸ばし、フラウロスは回復ができる点と今回からの新ルールである直接召喚によって最速1ターン目に5/3というスタッツのフォロワーが出てきます。

対策としてのは、マリガン時に最速フラウロスに対応できる3点以上の焼きカードを保持できていなければそのまま押し切られる要素にもなるので気を付けたい。リーサルは大ダメージを狙ってくることが予想できるので、ダメージ軽減のできるクラスは闇喰らいの蝙蝠の出てきそうなタイミングでリーサルをずらすのも手ですね。

とりあえずこの3つのデッキがグランプリでは多くみられると予測できるので、いかにこのデッキたちをカモにできるかが決勝に進むことの近道になるのではないでしょうか。

新環境(2pick)

今回の環境で久しぶりに5戦全勝ができたのでその時のデッキを紹介したいと思います。

侮蔑の従者と侮蔑の信者によるドローがとても強く、すべての戦いにおいて手札の枚数で相手を圧倒できた点が5勝につながったんだと思います。侮蔑の絶傑・ガルミーユも早い段階でピック出来たのでシナジーのありそうなカード、あわよくば原初がピックできることを予測して軽めに構築しました。

ABOUT ME
ぷぅ
ぷぅ
このサイトの 裏 の管理者。 グラブル、シンフォギアXDなどゲーム関連の記事を書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。